■ エッセイ:wujingの一言第一巻

■ことわざ

◎「 屁理屈とは 」、
人前で「屁「をひつても、屁の出た原因の言い訳をする事。素直でない、言い訳の事。−−>知っていましたか?

◎ 「転んでも、ただでは起きない奴とは」、
昔ある奴が、道で転んだが傍に落ちていた"馬糞"を掴んで起き上がった。欲深い奴の事だ。

◎ 「人の裏をかくとは」、
昔ある奴が、庭へ隠し金を埋めたが、他人に知られないようにと「此処へは金を埋めていない」と、立て札をした。
それを見ていた別の奴が金を掘り返し、そして、「俺は此処の金を掘り返してはいない」と、又、立て札をした。
そう言う事。



■「景気が悪い」、、、年末が近くなると日本人は、口癖の様に「景気が悪い」を、競うように、言うようになる。
まるで、「景気が悪い」と喋っていれば、さも、仕事をしているかのような錯覚に陥っている。
そもそも「景気」とは需要と供給のバランスを基本に、良い、悪い、が決まるのであるから
需要を抑制する言葉「景気が悪い」を必要以上に、まして、年末のあいさつ言葉として使うのは頂けない。


■ 昨日(12/13)「ウィルス」が送られてきた。今回のは、今迄のトロイの木馬が自動配信したのではなく、
特定のメールアドレスを故意に狙ったものらしい。
なぜかと言うと、今日、某社よりwujing宛にお詫びのメールが届いた。
※「貴方のメールアドレスが外部からの不正アクセスにより外へ洩れてしまいました、ご迷惑をかけお詫び致します」との内容であった。

ウィルス製造家の先生へ告ぐ
どこのどいつや、姿を見せろ!「ウィルス」を作る暇が、有ったらwujingのホームページでも読んでろ!
自分が「ウィルスソフト」を作れる能力があると驕るな!もし、諸君達が本当に能力があるなら日本中の電話を一度に鳴らしてみろ!
ウィルスを作る暇があったら体を鍛えろ。心を磨け!

◎ 最近、私と関係ある人が二人も被害に遭われている。他にもうひとり感染した人がいる。
wujingの場合これで四回目です。幸い、被害には、至っておりませんが腹が立ちます。
みなさんも、悪い奴に気をつけて下さい。

■(01年大晦日)海外での生活が長くなり、私は、平成を使わなくなりました。
頭の暦は、西暦です。
習慣の違いが多い中「食事」だけは、どうしても日本食です。自炊をしてでも、頑張って?います。
私は、海外での生活の中で「食事」には、気をつけています。



■ あけまして、おめでとうございます!    02年元旦 

「かばちをたたく」とか「かばちたれ」とか聞いた事があるでしょう?
どういう意味か知っていますか?

昔は、煙管(キセル”khsier”[カンボジア語])を用いて刻みタバコを吸っていたが、この場合、時々刻みタバコを詰め替えなければならない。

昔、野良仕事の合間、知り合いの縁側を借りて、一服する習慣が田舎にはありました。
中には、礼儀しらずがいて、煙管の灰を縁側の「かばち」に煙管を叩きつけて灰を落とすあほう者がいた。

ある時、新築の家の縁側を借りて一服していたが、又、何時ものように「かばち」に煙管の腹を打ち付けた。
そこの主人が辛抱しきれずに言った。
※ かばちをたたくな!
そう、無神経な阿呆者を叱る言葉です!
(念のため、「かばち」とは、縁側などの縁の立てり部分の事)



じゃ又!謝 謝


ページの初めに戻る


wujingと天邪鬼の正門