文章を主体に創作しています。 新 wujingの館

wujingの館

遊び心優先のページです。
遊べ無くなったら・・終わりだヨ!
ディレクトリー案内虫 このページは「 エッセイと小説のwujingと天邪鬼の正門 」 の 裏ページ です。


■ このページは 遊び部屋 【 新 wujingの館 】 です。

■ 遊び心で・・ホームページを作ったら・・・そんなページです。


※ ようこそ、【 新 wujingの館 】へ!...昔、サイト創設時 【 wujingの館 】の中に「wujingの部屋」が有りましたが・・・・もぉ一度あの当時の気持ちで作ってみたページです・・ ・私の人生絶頂期に、私のホームページは誕生しました・・・だからオモロクて・・・活気が有りました・・・ ・それ故に、今、再度、・・・「 その活気有るもの 」・・・へ変身させたい〜 (2010.12.1)

wujingと天邪鬼の正門 へ戻ります。。
新 wujingの館
新wujingの館wujingのイメージ! wujing
※ 【 エッセイと小説のwujingと天邪鬼の正門 】サイトへ来たら、、 「 これだけは見るべし 」 を下に紹介しています。。 ※ 読めば勇気が湧いてくる!読むべし。。 読んで損はさせません! wujing (2010.12.1)


■ 下は、第二TOPページとして「 遊び心 」を優 先した目次を表示しています。※ コンテンツ自体は同じ物ですが、、「 遊び心度の低いもの 」は除いています!

此処より下は、wujing が、遊び心 で掲載しています。更新もほどほどに行いますので、お楽しみください。。

エッセイと小説のwujingと天邪鬼の正門


突っいたり、擽ったり!

■ お勧めサイト (順不同)
※ 遊び心が気に入りますョ!

時々食べてみたり!

騎士wujing
騎士wujing


花画像


お花のアイコン館
※ 使わせて
頂いています。



wujingと天邪鬼の正門


track feed 新 wujingの館

【 新 wujingの館 】

この名前は、DIONの「wujingの館」から付けました。

※ 上海に住んでいた時(2001.11.11)、
■ 私が最初に作ったホームページが、DIONで作った「 wujingの館 」です。
現在も、auoneのホームページとして残しています。
2001年当時は、私も未だ壮年期で元気満々に仕事をしている頃で、人生の中での充実期でした。
ですから、ホームページも未熟でしたが、遊び心満載であった様に記憶しています。

上 海 は、素敵な街でした。半端じゃない大きさで私にとっては、第二の故郷です。。

■ そんな雰囲気を思い出させるページにしたいと考えて、【 新 wujingの館 】としました。。


DIONの猫 左の画像はDIONの画像で、2001年頃「wujingの館」に使っていました。

ブラウザ更新を行ってみて下さい・・・
画面バージョンが変化しながら更新すると思います ^o^ 〜
こんな遊びタグを、、一杯使って楽しんでいました・・・勿論ページは重〜い -_-;

※ ページの重さなんて、、気にせず、面白いと思ったらとりあえず載せていました。
そんなホームページでした。


コラム 【 wujingの独り言 】

※ 優れたホームページとは?、どんなものか・・・自分で「 wujing基準 」を作ってみました。。

優良ホームページの目安
自分のサイトを下記により採点して下さい。。

◎ Yahoo!カテゴリーに登録されている。(ポイント2)
◎ Googleディレクトリに登録されている。(ポイント1)
◎ Goodleページランク「3」以上になっている。(ポイント1)
◎ ゲートウェイの採点で「ふつうです」の評価となっている。(ポイント1)
◎ Web Strength (Power) で、「3/10」以上となっている。 (ポイント1)
◎ 独自ドメインである。 (ポイント1)


該当したポイントを合計して下さい。

※ 左のポイント合計5以上なら 「 たいへん優秀 」
※ 左のポイント合計4以上なら 「 優 秀 」
※ 左のポイント合計3以上なら 「 優 良 」
※ 左のポイント合計2以上なら 「 良 」
※ 左のポイント合計1以上なら 「 普 通 」

■ ポイント 「 0 」 は見直し改良が必要です!
日本サイトなのに英語を多用している場合は失格です。


豫園
上海の古庭園・豫園・(よえん)

此処へはよく遊びに行きました。

「119号」のバスに乗って「到地」と言えば、
七莘路から此処まで4元で来れました。

外灘(ワイタン)と並ぶ上海の二大観光地です。


撮影は、盟友セディー氏です。

豫園のほとり
豫園・(よえん)を取り巻くチャンファーミョォーの饅頭店

豫園を「チャンファーミョォー」と呼ばれる
超巨大な観光店群が取り巻いています。

その一角に、人気の饅頭店がありました。
私も青島ビールを飲みながら、よく食べたものです。

「チャンファーミョォー」には、奇術劇場から、土産品店、レストラン、
宝石店、骨董品屋、偽物専門店、ありとあらゆる店が有りました。

上海は、新 旧 入り乱れた 魔 都 ですが、
気を張り詰めなくても安心出来る不思議な街です。

私は、大好きです!


撮影は、盟友セディー氏です。


※ このページは誕生(2010.12.1)したばかりですが、
昔の「wujingの館」の様に、賑やかな面を強調した作りにしたいと思っています。(きっとします、お楽しみに!)


削除したのに、、表示出来るページ
※ 不思議なページが有ります・・・・私が以前作っていたのですが、削除した後も表示出来ます。。

昔のDIONのFTPサービスを利用して作ったページですが、、此れ以外にも、他に幾つか表示出来ますヨ。
それでは、、ジャジャ〜ン ■ 「 wujingの部屋(表示出来るのみ) で〜す。(サーバーには残っているんでしょうね?タブン!)



相互リンク申込/ リンクについて
◆◇ wujingと天邪鬼の正門 は、 Open Directory / Googleディレクトリー 登録掲載サイトです。

Copyright(C) Wujing & Amanojaku Main Gate 04.12.29 wujing