■続編「新:天邪鬼」の主な登場人物 ( このインラインフレイム部分は小説「新:天邪鬼」の宣伝表示です。)
天邪鬼

◆◇
小説第一弾では魔王との死闘を描き、、続編では
超神に対し盟友達と共に果敢に戦いに挑み、激闘を繰り広げます。。

◇◆読むほどに、、面白くなりますョ。。
◆◇素人小説ですが、お楽しみ頂ければ幸いです。。

果敢なる挑戦者であり、悪に立ち向かう運命の下に生まれてきた様な男である。
フゥォンとの間に、凛凛しい娘がいるが、二人は「浮かぶ島」で生活している。

フゥォン

元、女戦士。今は天邪鬼の妻である。勇気の塊りの様な美しい女性である。

リィリィ

天邪鬼の娘で、浮かぶ島の婆に鍛えられて育ち、超能力を持った美しい少女。

ジュオ

天邪鬼の片腕とも言える親友であり、武闘塾の塾長である。
彼は、コクと共に「平和の盾」を率いている。

コク

先の魔族との戦いで、武闘班を組織し勇敢に戦った勇者である、
現在は「平和の盾」の幕僚長である。
ジュオと共に天邪鬼が信頼を寄せる一人である。

セディ

ジュオの弟子で、武道師範免許を授かっている。
先の魔族との戦いで「セディ爺」を見て感動し、自らの名を変えた若者である。
天邪鬼の手足として働くように、ジュオによつて開拓島へ送り込まれた。
天邪鬼をボスとして仰いでいる。。

シャン

開拓島へ渡る船の中で、女性に絡む四人組みに注意をした勇気ある若者である。
セディに助けられてから、セディと行動を共にする。。

ユック

ジュオの部下で勇猛果敢な指揮官。平和の盾特別隊副長を努める。

サブロー

天邪鬼に惚れ込み片腕となる。超神一味に妻を殺された。

ケン

愚連隊のリーダー。やさしい青年である。

ハンク

医術の達人であり又、武術の達人でもある。。

------------------------------------------------------------------------
「超神」
※別名、「破壊神」とも呼ばれ、異ゾーンからこの島の征服の為にやって来た。。。

有体時
の姿や、 の様なエネルギー体になる場合もある。
そして、時には、 の超神竜の姿になる事もある。
魔王が天邪鬼に倒され、死の直前に予言した「謎の者」である。
一説には、2000年前に一度現れた事が有ると言う者もいる。

「黒幕」
超神の代行者の任を与えられた者達で数人いる、開拓島を牛耳ろうとしている謎の人物達。
超神と通信出来る能力を持つ。

ヘイダ
超神十人衆の一人

「元締め」
黒幕の下で悪の管理に携わる者達で、各黒幕の下に数人づついると見られる。

ベルーザ
元締めの一人で、元平和の盾の指揮官の一人だった。

「修羅」
鬼おも食らう修羅である。
魔王に勝る力を有し、超神に指示された区域の守りに就いている。
身分は、黒幕と同等に位置され、超神と通信出来る能力も持っている。
修羅の数は、はっきりとは分からないが、、数名いると思われる。

炎の修羅
熱魔拳を使い、波紋をも防御する。

超神十人衆の一人

「刃」
悪の守護者である。
魔王にも匹敵する力を有し、超神に指示された区域の守りに就いている。
身分は、元締めよりも上に位置され、超神と通信出来る能力も持っている。
刃の数は、はっきりとは分からないが、、20名はいると思われる

刃の長「ヘルン」
刃を束ねる、屈強の男である。

超神十人衆の一人



シュノン



フォルン



サウザー

「札」
元締めの下で、実際の実務にあたる者達で身分が三段階に分かれている。
「上札」、「中札」、「下札」がいる。

「捨て札」
超神の指示に従い活動場所の見張り及び守りに就く。
身分は低く、下札の次に位置されるが、、魔者級の力を有している。
武装した、捨て札である。

「荒くれ」
「上札及び中札」に従っている用心棒達の事である。

「木枯らし」
「元締め」及び「黒幕」の指示に従う荒くれの事を特別に木枯らしと言う。
木枯らしも身分は低いが魔者級の力を有し、なかには刃に匹敵する者も数多くいる。

「刃」と「捨て札」は超神の直接の指示にのみ従う。
しかし、己より上の身分の者に対して自ら歯向かう事もしない。

追記:「刃」と「捨て札」そして、「木枯らし」は超神と共に復活した魔者を
超神が進化させた者達である。
そして、
「黒幕、元締め、札、荒くれ」は人間を改変した者達である。

-----------------------------------------------------------------------

「超神十人衆」
「黒幕ヘイダ」、「刃の長ヘルン」を含め手強い10人衆を言う。
他の8人は、今のところ正体不明である。。(04年11月現在)

「奴隷」
札に騙されたり、荒くれに捕らえられたりして、強制労働についている人間達。
心を封鎖されている者もいる。
元締め達の慰み者にされている女達も多数いると見られる。





■HOME■