中国滞在記

日本国旗 中国国旗 魔 都 上 海

ページランクチェッカー 世界最大の検索エンジン
※ 中国で15年間生活したwujingが作った、真の「上 海」の紹介ページです(-_-;)。。
☆ 上海の観光スポット
チャンファーミョウ
※ チャンファーミョォーの饅頭店

■ 世界の魔都【 上 海 】

現在、上海は世界の超大都市に成長し、世界経済の拠点のひとつとしても挙げられるまでになりました。
いかに中国と言えど上海に居れば、異国という感じを忘れる場合も時として有ります。
かといって・・
ちょっと良く見れば、底知れない上海パワーを吹き上げ少し前の魔都と言われた時代の姿も見せます。

★うーちんは、 そんな「上海」が大好きです!!

■ 管理人うーちんは、中国に14年間、海外駐在員として生活し中国の色々な生活習慣を体験しました。
※ 海外専従となる前を含めると、約15年間もの間生活していた事になります。
09年9月駐在員を退職し帰国しましたが、その体験を中国滞在記 へも掲載しています。


■ 世界列強から幾多の侵略を受けながらも、常に中国のリーダーに君臨する街 「 上 海 」、その活力は上海人にある!


■ 上海建城

◎紀元919年(宋淳化2年)に、
現在の松江区から支流の上海浦(現在の外灘東黄浦江の中程)までの西岸辺が「上海鎮」と命名されたのが起源とされる。

◎紀元1292年元朝により「上海県」を設立し、十六世紀には、国内の手作り綿紡績業の中心となった。

◎紀元1685年から上海は税関を設立した、当時の上海は、人口二十万人を有する都市となっていた。

◎アヘン戦争後、重要な商業貿易港の一つとなったが、、
それ以降、外国列強が上海に侵入し上海は半植民地半封建的非正常発展の工商業都市となった。

◎1949年5月27日上海は中国共産党の人民解放軍により解放され、新しい「上海」に生まれ変った。


■新しい上海

気候  :上海は、北亜熱帯 モンスーン気候に属す。
面積  :1999年...6340.5平方キロとなっている


■独断と偏見の、「真の上海」

■◆「上海」は、上海語では、シャンヘと発音する。「shanghai」が「shanghe」となる。

■◆繁華街などを歩いても、工事中の場所は、大きな囲いがしてあり、見る事は難しい。

◎汚い場所や見せたくない場所には、ものの見事に囲いをしてしまう。
実際に住んで見ないと真の姿は、なかなか見えてこない。

◎真の姿が見えないと、いっしょに働くのは、難しい。ここは中国、、共産国を理解しないと難しい。

■◆工人とは、労働者のことだが、
一般工場で働く工人は、まだまだ苦しい生活をしている。だからハングリー精神を持った女性は、多い。

◎この国の女性は、働き者だ。どこの工場でも頼りになるのは、女性だ。役職者の90パーセントは、女性が占める。

◎それと、「力」が凄い。日本のやさ男では、力負けする女性は、多い。

◎だから重い荷物運びも、男に頼る女性は、少ない。頼もしい女性達が多い。

■◆日本の旅行者が、高い値段で平気で買い物をしていく。物価を吊り上げていく。

◎工人をしているような階層では、手が届かなくなった品も数多い。

※有名な上海蟹も、つい最近までは田舎の貧しい者が食べられる「ただの河の蟹」だった。庶民の蛋白源だった。
今は、『日本の”まつたけ”』と同じで庶民の食事にはなかなか出なくなった献立の一つです。

■◆中国料理に、「何故あんなに油を使うか」、知っていますか?

◎少し前まで、田舎では肉や魚を食べられなかった。(それほど貧しかったのです。)
それで、栄養補給の意味合いから油を用いた料理を食べ始めました。

それが元々のきっかけで後に、油を用いた料理がご馳走になった。。
(不衛生なので油で殺菌して食べ始めたのが原因ではありません)

(( 余談ですが、、
庶民は手軽に取って食べれる「蛙」を食べつくし、現在は動物保護の為(1998年より)野生の「蛙」を取って食べる事は禁止されています。
それほど貧しかったのです。))

◇◆最後になりましたが、筆者は上海が大好きです。

■上海に居るとホツトします。私の中では第二の故郷上海なのです、皆さんも一度は上海へお出かけ下さい!
良い街ですよ。半端じゃない・・大都会上海です。


じゃ、又・・再見!



wujingと天邪鬼の正門

エッセイ:日常編

エッセイ:中国滞在記

オリジナル冒険小説:天邪鬼

短編小説:北街


track feed 魔 都 上 海

☆ 上海テレビ塔
東方明珠塔
※ 東方明珠塔(468m)