■ 無料HPの作り方

※ 初心者の方に簡単な無料ホームページの作り方を、うーちん流に教えます。。(素人初心者の方が対象です・・09.4.26開始)


女性の方、お引っ越しの方はなんと初期費用半額!! 女性の方、お引っ越しの方はなんと初期費用半額!!


このサイトはロリポツプを
使用しています。

■ ホームページとは、

◎ インターネットを通じ、不特定多数の人が見る事が出来る様にしたウェイブページの事です。
今、貴方が見ているこのページが「ウェイブページ」です。
このウェイブページのTOPページ(index.html)を「ホームページ」と言います。
このページは「サブページ」と言います。

TOPページとサブページを纏めて、一つの「サイト」と呼びます。
しかし、一般的にこの一つの「サイト」をホームページと呼んでも、意味は通じます。

尚、二つ以上のサイトを纏めて、「○○サイト」と呼ぶこともありますが、この場合はホームページとは呼びません。
「サイト」と呼びます。


※ 現在ウェイブページはブログが大半を占め情勢になっていますが、ブログは「日記式簡易ホームページ」であり、
ホームページとは異なります。

ブログはページ構成を自動で行い、又、確実に構成します。
他所へも、更新の知らせなどを自動で送信する機能も付いてあり便利ですが、ページ構成をページ毎で大幅に変える事は出来ません。
設定した様式で、自動で、新しいページも構成していきます。
ページ構成が面倒な人や、知識の無い素人でも、自動でページ構成をしてくれます。

私も、コラムやエッセイ的な事を書くのにはブログを使用していますが、此処では、ブログの説明はこの位にしておきます。



無料ホームページ

先ず、ドメイン(ホームページの住所)とサーバー(ウェイブ上の閲覧自由な倉庫)を確保しなければいけません。
有料であれば、自由に自分の好みのものを手に入れられますが、もちろん費用がかかります。
ここでは、無料で、出来るだけ良いホームページを手に入れる事を解説します。


探し方

1)
最初は、自分が契約しているインターネットのブロバイダーの提供ホームページでしょう。
日本の場合は、殆どの方がインターネツト回線を有料契約していますから、
そのブロバイダーが提供する無料ホームページを利用する事が出来ます。

私も例外ではなく、最初はブロバイダー提供の無料ホームページを使用しました。

2)
ファイルマネージャーという便利なものが付いてあればOKでしょう。
付いてない場合は、FTPソフトでアップロードが必要ですので、
此処では、、ファイルマネージャー付きのホームページを探しましょう。

3)
無料ホームページで注意しなくてはいけない事は、突然に閉鎖される事が有るという事です。
無料契約なので、この点は理解して使用していないとせっかく作ったページデーターがなくなってしまう事になります。
それと、広告が表示されるものが大半ですので、「どのような広告」かを前もって知っておく事が必要です。
Googleで検索し探しましょう。。

4)
私も使ってみて良かったものを紹介します。

代表格は、Infoseek isbWebでしょう、、次は、 Yahoo!ジォシティーズですが、どちらも広告が出ます。
もちろん、有料版にすれば広告は非表示になります。

広告の出無いものでは、立花商会パール・ベーシックがよいですが、定員制で空きが無いと登録できません。

Googleで検索すれば、他にも広告の非表示の無料リンタルホームページはたくさんありますが、、
広告非表示のものは、ファイルマネージャーが付いていなかったり、
ログインが一定期間無かったりした場合、無条件削除になる場合がありますので注意が必要です。

5)
レンタル契約
新規登録という作業です。
この登録の際に、一部ではあるがドメインが付けられます。第二階層のドメインを付ける事が出来るはずです。
(第一階層のドメインは無料レンタルの場合は選択できません。)
しかし、、第二階層と言えど、ドメインは重要です。これから作ろうとするホームページの内容や名前にふさわしいドメイン名にしましょう。
パスワードは、ドメインとは別なものにしましょう。。ドメイント同じとか、生年月日等を用いる事は大変危険です。
此処までクリヤー出来たら、後は制作です。

■ ホームページの作り方

ホームページには幾つかの決まりが有ります。
ファイルの種類を.html にしてやらねばなりません。
そして、それを先ほど登録したドメインまでアップロードしなくてはいけません。
しかし、ファイルマネージャー付きの場合は、そのフアイルマネージャーがやってくれます。

1)
ホームページの場合は、改ページは自動では出来ません、
改ページの場合は、自分で新しいファイルを起こし、新しいページ名を付けて、アップロードし、初めて改ページが誕生します。
そんな事は、出来ん。よぉせんワ・・と言う方は、残念ですが、ブログしか作れません。
ブログは、日記形式で、無料レンタルブログの場合は、記事を書く度に広告が表示されます。

ホームページは「一ページ単位」でしか広告は出ませんが、
ブログの場合は「一記事単位」で数行が出ます、大量広告になります。
でも、簡単ほど良いという場合、は、ブログをお奨めします。

2)
簡単な決まり事
ウェイブページには全てHTMLと言う約束事に守られています。
HTMLとは画面をレイアウトする為、そして、文書を共有できるように記述するための約束事です。
私自身、HTMLを詳しく知りません。自分のサイトを作る上で必要な最低限の事しか分かりません。
詳しく知りたいと思われる方は、私のサイトのHP支援サイトからリンクを辿ってください。

3)
色々な設定
PC画面で見れる画像の大きさの設定。(この場合の画像とは「絵」という意味ではありません。)
画像の背景色や、文字の色、文字の大きさの設定や、文章の改行や段落の設定、、
そして、レイアウトの決め方等ですが、最初は簡単な手法から使っていけば良いでしょう。

いきなり、高難度の難しい技法を使わなくても良いホームページは作れます。
リンクの設定迄を覚えれば、立派なホームページになる筈です。

此処までを理解できたら、次は、実際の決まりその手法を説明します。

4)
レンタルした無料ホームページ(何でも良いと言う方には「Infoseek isbWeb」がお勧めです)のトップページは、
「index.html」というファイル名になっていると思います。
前にも書きましたが、、この「index.htmlと言うページの事を「ホームページ」と言います。
しかし、此処では一般的な俗称で、サブページも含めてホームページと呼ぶ事にします。。

5)
HTMLの本格的な記述法は、専門的な学習をしない事には、私みたいな素人には分かりません。
私の憶測ですが、HTMLを自在に操れる人は極少数で情報処理の様な学科を学んだ方と思っています。
ホームページビルダーのようなソフトを利用している方も多数居られるのではと思っています。

しかし、、ご安心あれ。。
HTMLの記述法は難しくても、その運用は幅があり、、許容の枠内であれば、ブラウザが表示します。
昨今色々なブラウザが使用されていますが、インターネットエキスポロラー ( Internet Explorer ) であれば、ほぼ間違いなく表示してくれます。
それ故、、覚えなくてはならない決まり事は少しだけです。
安心して、次にいきましょう。。

6)
決まり事の実際

改 行
<br>
これが最初に覚える決まりごとでしょうか。。

ブログでは、改行は自動でやってくれますが、ホームページではこの<br>を記述して「改行」になります。
今、改行しましたが、上段の「なります。」の次へ<br>を記述したからです。
「今、改行」の文字が太字に強 調されたのは、<strong>今、改行</strong>と記述したからです。
これをタグと言います。

無料HPの作り方 こういう事も出来ます。

改 行は<br>ですが、
段落は違います、「段落は<p>です。」そして、必ずひとつの段落の終わりに</p>が必要です。
<br>以外のタグには必ず、その終わりを示す</p>や先ほど説明した、</strong>の様に</>を書かなくてはいけません。

7)
ココマデ書くと・・なんだメンドクサイと思われる方も出てくると思います。やっぱり、ブログが使い易いと思われるでしょう。
しかし、自動構成された複写ページは同じブロバイダーが提供しているブログ間で何千何万と存在し、ミラーサイトの様な感さえあります

実際、googleではあまり好まれてなく、ミラーサイトとみなされると検索から除外されます。
その為にも、ホームページの作り方の基礎は知っておいた方が得策と言えます。。

8)
ホームページの作り方の基礎
作る前に、気を付けなければいけないことが有ります。

それは、
@ 色と形そして、文章形式の統一です。技術的なことではありません。単に統一させて作るということです。
出来れば、簡素、シンプルに作れれば申し分有りません。
派手なギラギラは、見る側からすれば素人っぽく見え、、技を知らないから、どこかのコピペと思われがちです。

A 二つ目もこれも重要です。
それは、何のホームページを作るか?書くか?ということです。
落書きや殴り書きでは見てくれません・・・テーマを決めてから作ることです。
そして、ホームページの「名 前」もそのテーマに沿ったものを付けてから作ることが大切です。

※ 私のホームページ「wujingと天邪鬼の正門」は名前としたら、良くないです。悪い例に入ると思います。
何をテーマにしているかが、「名 前」から読み取れないからです。
テーマ自体は一つでなくても良いと思いますが、多くても三つまでにした方が無難です。
何故なら、更新をする時の手間も考えて余り手広く作ると、更新出来なくなります。

※ ホームページを作ってから一年以上、月一度以上の更新を続けてはじめて、「大 人」に育ったホームページと、私は思っています。

更新が止まったホームページやブログは、「張り紙」とおなじです。
更新作業を考えてから、テーマを決めましょう。。

B「空行、段落、見出し」を効果的に使い、読みやすく見易い配置にしましょう。
色や形の統一性が大事と書きましたが、それは、、
この「空行、段落、見出し」が効果的に使われて無ければ意味が有りません。

改行や段落そして強調を使い、閲覧者が読みやすいように文章を配置しましょう。
手紙を書く時や、Eメールを出す時に、相手に対し気を使って文章を書きますが、ホームページも同じです。

そぉ・・もぉお分かりですか、
今、読んで頂いているページも、だいぶ下へ下へと下がってきましたが、余りに下へ下がり過ぎるのも良くありません。
此処まで、下にさがると、ページを新しく変えます・・2ページ目を作って行くことになります。
古い、大きなサイトの場合、ページ数が2000ページを超える様な場合もあります。

※ 次は、「ホームページは メイン主張の 表示の仕方や書き方 が大切ですが」、実際には、どの位置へどの様に表示するか?
それについては、「無料HPの作り方その2」で書きたいと思います。
此処まで、ご覧いただき有難うございました。


以下、作成中に付き更新をお待ちください。・・・楽しみにネ。。



■HOME■