■ 私のエッセイ11:同僚の死


久しぶり

久しぶりに書いています。

5月に更新予告を「つぶやき」に載せてから、、ずっーと更新出来ませんでした。
5月末に一時帰国しましたが、その時に更新しようと思っていました。。。ところが、、、
・・・・同じ会社のMさんが亡くなりました。

年は私より2歳若いのですが、、癌でした。
昨年の5月の初めに、癌の摘出手術を受けて約一年後の死でした。

私は今の会社は途中入社ですが、面倒見の良い彼には色々と世話になったものです。

彼も出張で年に二回ほど中国に来ていました。
一度、中国での私のアパートに泊まった時、、
私が作った手料理を「美味い」と言って食べてくれた事を覚えています。

最後に死に顔を見た時、その事が脳裏に浮かび、、涙が溢れました。
仲の良かった人の死に直面し、非常にショックでした。

お互い同年代で、仕事以外にも子供の事、孫の事、色々話をしました。
彼も酒が好きで、日本でも何度か一緒に飲みにいきました。
特に中国へ出張で来た時は、カラオケバーで歌を競い合ったりしたものです。

彼は自分が癌で有る事を告知を受けて知っていたのですが、、
昨年の11月に癌が再発した事は知らされていなかったそうです。

昨年の9月に一時帰国した時は一緒に昼飯を食べに行き、元気な復活ぶりを見て、、 安心していました。
体調が悪くなった11月から半年間、、最後まで望みを持つて病と戦った彼を想うと泣けてきます。
Mさんのご冥福を心より お祈り申し上げます。合掌。


エッセイを再開するには、彼の事を書かずしては出来ないと思いましたが、、、
なかなか、書く気にならず、、
(最近に無いショックで、)自分の日常付近の出来事を書くエッセイは更新が延び延びにしていました。

自作連載小説の方は、更新出来ました。
空想的な物は書けるんですね、「日常付近の出来事」は書けないんですね。。
今回、わかりました。。

ブログなら書きやすいのですが、好きではありません。
ページ設定なども自動で便利ですが、、皆同じ様な形、様式で、、自分が作ったと言う感じがしないのです。
ブログの設定は、
既存機能の中から選び、「形、レイアウト、色、、等など」を決めていく方式になっていますが、それが嫌なのです。
(他の人のブログを読みに行くのは大好きなのに、、何故か〜作るのは嫌なのです。。)

もちろん、中身内容の文章などは各々の個性を出して書けますが、、、、
決められた枠の中の自由領域という感じがして、、好きではないのです。
私が作るぺーじなんぞより、、はるかに難度の高い機能を持ったブログですが、
それは自分が作った物では無く、、与えられた物です。

素人なりにHTMLを操作し、「形、色、大きさ、レイアウト等、、」を作り出した時、、
ウェイブページ作りの自己満足に浸れます。

自分のサイトを持っていても、
私の場合は、極々限られた方にしか見てもらえません、、しかし、、それで十分満足しているのです。

自分の考えたレイアウトで、自分の考えた見せ方で、自分の作った物を見せられる。。
私には、この事が楽しいのです。
もぉMさんには見てもらえませんが、、、
此れからも、自分のペースで更新していきます。

じゃ、又。。謝謝!

■HOME■