■ エッセイ:白鵬関 優勝おめでとう!

※ このエッセイは、ちょこざいな!へも掲載したものです。。


■ 白鵬関。優勝おめでとう!(2010.07.25)


優勝おめでとう。
相撲の優勝をブログで書くのは、私にとっては初めてです。

今場所は特におめでとうを言ってあげたいですネ。

重責に耐えてよく全勝優勝をしましたネ。
千秋楽の上手投げは、力が入っていました。地力があります。

最後は、柔道の内また気味に相手の足を跳ね上げて決めましたが、、
自力がないと決まらないでしょう。

並みの力士なら跳ね上げる足の角度で腰を痛めるでしょう。
白鵬にしか出来ない内また気味の上手投げでした。

これからも当分、彼(白鵬)の時代が続くでしょうが、、

大相撲の活気を取り戻すには、白鵬の強さが継続することが一番だと感じます。

もう一度、、
白鵬関。優勝おめでとう。。

場所前、
どこかのスピードスケートのS選手が、「横 綱」は国内チャンピオンだと、たわごとを新聞に載せていましたが、

「横 綱」は、そんな軽いものじゃないと言う事を・・「白鵬」は証明すると思います。
その位、「白 鵬」は凄い横綱です。私は、大好きです。。


それじゃぁ又、再見!