■ 2010年も年末になりました。

※ 私にとって良い年ではありませんでした。


■ 最悪の年は、去っていきます!


私にとっては、今年は最悪の年でしたので・・来る年2011年は、「 必ず、2010年よりは良い年になるでしょう。。
昨年は、
「父の体力と認知症の悪化」に伴い、「私自身の退社と中国からの帰国」、「父の介護と父の死去」、と大きな出来ごとが立て続けでした。
そして、それらにまつわる事後処理の軋轢が、、2010年最大最悪でした。

巷には、例年の如く・・新聞各社(スポーツ紙は除く)が、
「景気の低迷」「○○ポイントダウン」「先行き見通し油断禁物」「五期ぶりの景気指数悪化」・・・・等々、各社独自の語句を使用し、
不景気を歌い上げに掛かってきています。

例年通りの事なので、日本の師走風情に入ります。
師走−−−−>新聞各社が景気の鈍化、悪化を嘆き、先行きに油断禁物を歌う。(年末の歌と同じです)
私的には、一社ぐらい、、
「今年は、日本企業の○○業界は良く頑張った。来年のさらなる飛躍も期待する」・・・様な記事を書いてほしい。

戦時中・・・
・・・「本当の事を書くと新聞が売れないので、、嘘を書いた。」・・・と、余り変わらないのが、日本の師走の新聞です。

話がそれますが、、新聞に書いてある事が正しいと思って読まないことです。参考にすることです。
テレビもそうです。NHKと言えど、営利を目的にした企業です。
※ 新聞に載っていた、テレビニュースで報道していたと、、さも真実らしく従業員、社員に語る 社長が年末年始には急増します

私は、大晦日とお正月は共に出勤が決まっており、ゆっくりとは過ごせませんが、、来年は闘う年にしたいと思っています。
贅沢と闘う・・歳と闘う・・不規則な生活と闘う・・等など、色々な物と闘います。
・・勿論、邪魔な奴なら払って通る・・コレはありませんョ^_^

私にとっても・・・昨年の父の死が無ければ、今年は平凡な一年でした。
会社は退職し、長年暮らしていた中国から戻り、何んとか日本の生活にも再び順応して来ました。

時々、中国のビールが飲みたくなります・・・本当においしかったですョ、中国のビール。。

父の一周忌も済み、「喪」も明けたのですが、、一年間何か、何んとはなしに、心が落ち着きませんでした。

最近言われているそうですが、私は今まで知りませんでした。
それは、「 終 活 」 。

大事業を成し遂げた人が言ったそうです。
「もぉ、やり残した事は無い。全てやった。。」・・・と言ったら、、
その人の恩師が言ったそうです。「お前には、まだする事が有る」・・・それは、「 死ぬと言う事業が残っている。 」・・
・・そぉ言ったそうです。

その通りだと思います。人間、いかにして死ぬるか・・・我が父を見てそぉ感じました。

ワシの様な死に方をするな!・・そぉ父が教えてくれたと、、思う事にしています。


2011年よ、早く来い! いい加減な気持ちで来たら追い返すぞ!


皆様! 良いお年を お迎え下さい。。


それじゃぁ又、再見!