■ 母!

※ 私の母のことです。


■ 母!(08.10.31)


昨日一時帰国し、迎えに来てくれた妻の車で母の入院する病院へ行きました。

母は、先月からこの病院に入院しています。
母の入院時は、私は中国に居て一緒には行けませんでした。

認知症の病院ですが、母は、父の暴言と暴力により今年になってから病気の症状が進みました。

しかし体は、年齢から見れば元気です。

病院内の憩いの休憩室に座っていました。私が行って、「来たよ。」と言うと、顔を見るなり泣き出しました。
「家に帰りたい。こんなとこに居たくない。」と、、悲しい顔をし・・泣きます。
私も釣られて涙があふれました。
中国駐在勤務になってから早13年が経ち、その間余り一緒にいることが出来ませんでした。

父も認知症ですが介護拒否で、暴言、暴力症状があり、、異常です。
その為、母が病院に入り別居の形となりました。

私と父母は同居していない環境なのでこういう「母の入院」と言う事になりました。
息子として、なんともいえぬ気持ちです。

実家の近くに住む妹が両親の面倒を見てくれていますが、
高齢者の認知症二人の面倒、まして、父の言動や行動には妹家族が影響を受け、苦労を掛けています。

日本で私が働いていれば、少しは状況も変わるかもしれませんが、
介護の為、会社を辞めれば・・・・介護する為の収入がなくなります。
息子といえど、定年手前の年齢、打つ手が中々進みません。

しかし、昨日の我が母の悲しい顔は私の記憶から一生消えないでしょう。
思い切って、定年前転職も視野に入れ考えねばなりません。

短い一時帰国で、何も出来ませんが、、明日もう一度は母に会いに行きます。
明後日は、再び中国です。
短い一時帰国しか出来ない自分が情けないですが、今は・・・・それしか出来ません。
・・・・・・そんな思いで、書きました。

認知症と分かっていても、母を苛める父を憎みます。
母は、苛められた事を忘れていますが、、
母を罵る父を哀れにも思いますが、どうして、、こんなクソ爺になったのかと・・悲しくなります。

美しく老いる。この事を考える今日この頃です。。


後日:追記しました。

海外駐在員を続けていると、家庭や家族にシワ寄せが起こります。必ず起こります。
出張とは違います、40〜60日間の単位での一時帰国・・しかも3〜5日間しか日本に居れません。
そんな中での、父母の認知症・・大きな問題です・・・・・・しかし、〜、
会社は、ただ仕事、仕事です。儲けてナンボの世界から出ませんでした。
社員の親の認知症など・・ナンボのもんか・・という態度でした。

それよりも、客先の納期が優先でした。

09.9月に退社するまでの一年間は、人生の中で「会社がナンボのもんじゃい」という気持ちを持った期間でした。
全ての会社がそうとは思いませんが、
仕事にのめり込み・・・自分の生活まで破壊する前に、、、、
会社の価値を分からせてくれたのが、父母の認知症であったと思っています


それじゃぁ又、再見!