■ 滑稽な報道

※ 東北地方太平洋沖地震についての報道機関の姿勢に疑問を感じます。。


■ 可笑しなテレビ局や、政府関係者の服装(11.4.8)


最近のテメビ放送で、特に民放の放送の仕方に疑問を感じています。

大震災の報道の現場取材なら、いざ知らず・・・
東京のテレビ局からの中継にアナウンサーがヘルメットをかぶって放送ししたりしていますが、、
・・・周りのスタッフは、普通にしています。

何故、テレビに映すアナウンサーにヘルメットが必要なのか?
政治家が防災服を着て記者会見をするのと同じ発想か??

格好を付ければよいと言う物ではないだろう。
小学生の2〜3年生が、黒胴を付けて剣道をしているのと同じじゃないか。
有段者になって着用する黒胴をちぃちゃな子供に付けさせて、「強いでしょう」・・・
・・・恰好じゃない。

真面目な報道を目指すなら、ヘルメットなんか必要ない。
現場の災害復旧に当たっている人を馬鹿にしているのか・・・

アナウンサーは、ヘルメットは必要なし。
代わりと言っちゃなんだが・・・・災害報道の時は、胸元を強調した服を慎め、
化粧も少し控えなさい・・それが普通と思いますが・・・

なんか、放送の在り方に疑問が多いこの頃です。


某新聞にも載っていましたが、被災地に居ない人が「防災服」を着続ける事は可笑しいです。
被災者の気持ちになろうとの気持ちから来ているとは思うが、発言している内容は「生ぬるい」衣を被った様な事に感じます。

直接的被害は無かった東京の人が、ずっーと防災服を着ていたら、外国の人は、「東京も危ない」と感じるだろう。
実際にヨーロッパで、「東京にまで放射能汚染が広がっている」と報道されたと某新聞には載っていました。。


それじゃぁ又、再見!