■ エッセイ:ホームページ

※ このエッセイは、「ちょこざいな!」編へも 同時掲載したものです。。


■ ホームページについて


ホームページは自分でレイアウトもしますから、少しはHTMLの知識が無いと上手くいきません。

ホームページで一応の様式がレイアウトが出来だすと、どれもこれもと、、手を広げたくなるのが素人です。
私も、失敗の経験者です。

画像も載せる、簡単ゲームのパーツを貼りつける、ゲームの紹介もする、リンクを所狭しと貼り、、他のサイトの紹介もする。
小説も書く、コラムやエッセイも書く、掲示版もレンタルし、幾つも設置する。
雑学も書く、フリーレンタルの他のレンタルホームページを仲間サイトとしてリンクし紹介する。
アフリィエイトをそこら中にイッパイ貼る。

何でも出来る事を楽しむようになりますが、
他の人から見ると「何」を、「何」の情報を提供しようとしているのか分かり難くなります。

そうです。
サイトの管理人(製作者)からすれば、
他の人への情報提供は考えて無く、自分の楽しみとしのサイト作りが優先している場合が多いからです。

しかし、そんなサイトでも更新さえしていれば、、時間の経過とともにコンテンツ数は増えて行きます。

でも、
いざヤフー等にカテゴリー登録しようとすると、、
ありゃ〜「どのカテゴリー」で申し込みしたのが一番有利なのかが、分からなくなります。

ブログの場合は、
最初から「日記式」の配置に固定されていますから、情報提供をする気持ちが無い場合でも、、
見た目が情報提供している様に見えやすい利点があります。
( 余談ですが、情報提供しているサイトの方がカテゴリー登録の場合、Yahoo!等では有利の様です。)

そして、ブログは「カテゴリー別」、「月別」、「コメント別」等に自動区分けもしてくれます。
だから、余りHTMLの知識は要りません。
同じブログ系列ならリンクもクリックだけで貼れる様になっている場合が多く、被リンクを集め易くなっています。
だから、、ページランクも比較的上がり易い利点も備えています。

しかし、、しかしです。
ブログでは、横への動きが制限されていて、ほぼ出来ない様になっています。
どのブログも同じ様な顔をしています。色は変えられても余り顔の形を変えられない。
テンプレートの中から選ぶ形式が大半です。

ホームページは顔作りも管理人(製作者)の責任なのです。
だから、HTMLの技術が余りない場合は、、変な顔になります。
しかし、自分だけの顔になります。
不細工でも自分だけの顔になります。

それがホームページの魅力なのです。
その魅力が分かったら、ブログはホームページを宣伝する道具になります。

ブログには無い横の動きを楽しむ為にも、、一度はホームページを構築してみてはいかがでしょうか?


それじゃぁ又、再見!